ハーフパンツ メンズ アウトドアブランド

機能的なディティールが魅力!ハーフパンツの定番アウトドアブランド5選

*

機能的なディティールが魅力!ハーフパンツの定番アウトドアブランド5選

   

今回は機能的なディティールかつタウンユースでも対応できるハーフパンツの定番アウトドアブランドをご紹介します!

Gramicci(グラミチ)

Gramicci(グラミチ)のハーフパンツ

機能的で穿き心地の良いハーフパンツ
1982年、シエラネバダ山脈の断崖に挑むロッククライマーDon Loveを中心にスタートしたGramicci(グラミチ)。カリフォルニア州オックスナードの地を拠点に、ソフトな独自路線のクライミングウエアを提供しています。クライマーに必要な要素を取り入れた、機能的で穿き心地の良いクライミングパンツは、このブランドによってストリートの定番となりました。最近ではベーシックな物の他に、その時々の流行に合わせた企画物も発表しいます。
Gramicci(グラミチ)の代名詞的ハーフパンツは『GRAMICCI SHORT』。これまでも多くの人達を魅了してきた名作です。独特の機能性、180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手で簡単にサイズ調整できる「ウェイビングベルト」が装備されています。

Gramicci公式サイト
https://www.gramicci.jp/


WILD THINGS(ワイルドシングス)

WILD THINGS(ワイルドシングス)

元祖セラぺ柄ハーフパンツ
マサチュ-セッツ州のノ-スコンウェイにて、アメリカを代表する登山家ボガード夫妻により1981年に設立されブランドをスタート。『軽くてタフでなければいけない』 というコンセプトに掲げ、数々の過酷な登山経験から高性能なプロダクトを生み出し続けています。
現在ではアウトドアウエアだけではなくファッションウェアやアメリカ陸海軍に製品を提供するなど、実績を築き上げていることからも品質の高さが伺えます。
WILD THINGS(ワイルドシングス)を代表するハーフパンツは、南米メキシカン・インディオに古くから伝わるブランケット柄のSERAPE(セラぺ)シリーズ。目を引く美しい配色や、肌触りの良いインド綿によるやわらかな風合いが人気です。機能的には、Gramicci(グラミチ)のハーフパンツと同様に、片手で簡単にサイズ調整できるウェイビングベルトを採用。股下はガゼットクロッチで開脚がスムーズにできます。

WILD THINGS公式サイト
http://www.wildthings.jp/


MANASTASH(マナスタッシュ)

MANASTASH(マナスタッシュ)のハーフパンツ

ヘンプ素材を使用したハーフパンツ
アメリカ・シアトル発の「MANASTASH(マナスタッシュ)」は、1994年ロバート・ジャングマンが中心となり仲間達と設立したアウトドアブランド。ブランドネームは、シアトルの広大な自然を育んできたマナスタッシュ山に由来しています。
MANASTASH(マナスタッシュの掲げる理念は、環境にやさしい素材を使って着心地の良い製品を作ることで、ヘンプやオーガニックコットンといった自然素材のほか、リサイクルフリースなどの素材を積極的に使用し、マナスタッシュ山高原で楽しめるスキー、トレッキング、マウンテンバイク、ラフティング、カヤックなどの多様なアウトドアスポーツに対応するウェアを作り続けています。
MANASTASH(マナスタッシュといえば「ヘンプ製品」。履き心地とその質感に人気のあるヘンプ混のハーフパンツは履けば履くほど味わいが出てきます。 もちろん動きやすい180度開閉可能なガゼットクロッチ仕上げです。 こだわりのデザインとシルエットなので、タウンユースにもおすすめです。

MANASTASH公式サイト
http://www.manastash.com/


Patagonia(パタゴニア)

Patagonia(パタゴニア)のハーフパンツ

速乾性に優れたハーフパンツ
クライマーでもあったイヴァン・シュイナードが1957年に自宅の裏庭でハーケンを鍛造したことから始まったアメリカのアウトドアブランド「Patagonia(パタゴニア)」。ブランド名は、南米にある地名に由来しています。嵐の大地という異名を持つパタゴニアには秘境のイメージがあるため、“地図にないほどの遠隔地”というイメージを訴求する目的でこのブランド名がつけられました。
Patagonia(パタゴニア)のアウトドアウエアの機能性は経験に裏打ちされており、極限地でも生命を守るというミッションから卓越した素材開発においても実積があります。
またブランドが掲げる「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。」からは、機能性重視のデザインと環境に配慮した素材を使うアウトドアブランドのトップとしての地位を保ち続ける理念が伺えます。
パタゴニアの定番ハーフパンツは「バギーズショーツ」。デリュージDWR(耐久性撥水)加工済みの速乾性に優れたナイロン素材を使用したカジュアルなフィットで、水辺でのレジャーはもちろんタウンユースにも最適なアイテムです。

Patagonia公式サイト
http://www.patagonia.com/


Columbia(コロンビア)

Columbia(コロンビア)

カーゴポケットを備えたやや長め丈の定番ハーフパンツ
1938年、オレゴン州にて当初は小さな帽子屋からスタートしたブランド「Columbia(コロンビア)」。1960年にスキーグローブ製造会社と合併し、現在のコロンビアスポーツウェアカンパニーが誕生しました。
オレゴンの大自然とアウトドアを楽しむ人々とともに歩み続け、70年たった今でも確かな品質と技術で商品を提供し続けています。また。現在では“オムニテック”や“ラジアルベンチングシステム”などの、多くのアイテムに採用されているオリジナル素材や機能の数々を産み出しており、品質を通じて新しいメッセージを送り続けています。
Columbia(コロンビア)を代表するハーフパンツは「モックヒルショーツ。」アウトドアアクティビティ全般に対応する、汎用性の高いアイテムです。強度に優れ、表面は撥水性と防汚性があります。やや長めの丈で、両サイドに小物の収納に便利なカーゴポケットを備えています。

Columbia公式サイト
http://www.columbiasports.co.jp/


 - ハーフパンツ

  関連記事

half-pants-workbrand01
実用性と耐久性は折り紙つき!ハーフパンツの定番ワークウェアブランド6選

今回は実用性と耐久性に定評があるハーフパンツの定番ワークウェアブランドをご紹介し …

half-pants-surfbrand03
サーファー御用達のハーフパンツ!人気サーフブランド5選

今回はサーファー御用達の人気サーフブランドのハーフパンツをご紹介します! JIM …